Impact to the AKACHAN

妊娠中の食事と水分補給の胎児への影響

赤ちゃんを健康的に成長させるためには、食事や水分をしっかりと摂ることが重要です。
特に妊娠中は汗もかきやすいので、血がドロドロの状態になりやすいのです。
そのため、こまめな水分摂取を心がけましょう。

意外に知らない?妊娠中は避けたい食品類

妊婦さんが摂取した栄養は、そのままお腹の赤ちゃんにも届けられます。毎日きちんと栄養を摂ることはもちろんですが、過剰な摂取は避けたい栄養素もあるのです。赤ちゃんに影響を与えないよう、食事には注意が必要です。

ビタミン剤

ビタミンA

たくさんの食品にも含まれる栄養素といえば、ビタミンAです。美容効果などが有名ですが、過剰摂取すると赤ちゃんが奇形になるリスクが高まるため、気をつけなければなりません。多く含まれる食材といえば鶏レバーやうなぎ、卵が挙げられます。特にサプリメントとして摂取すると、簡単に一日の許容量をオーバーするため、注意が必要となります。

魚の切り身

刺身・貝類

生魚や貝類には、ごく微量のメチル水銀が含まれていることがあります。成人であれば健康被害が及ぶことはありませんが、体の小さい赤ちゃんですと悪影響が現れるため、注意が必要となるでしょう。厚生労働省ではカジキやキンメダイのほか、最近ではマグロ類にも注意喚起が行なわれています。

生肉

生肉

レアのステーキや生ハムなどを好む女性は、妊娠中に食べることは避けましょう。生肉にはトキソプラズマと呼ばれる寄生虫が潜んでいる可能性があるからです。通常では人体に害を与えることはありませんが、胎児に感染すると問題となります。水頭症や網膜炎など、脳や目に大きな障害が残る場合もあるのです。

チーズ

乳製品&低脂肪酪農製品

妊娠中に控えるべき食べ物として、有名なのが乳製品です。妊娠中に食べると、乳製品に含まれるアレルゲンが胎児にまで摂取され、後になって乳製品のアレルギーにかかる恐れがあるのです。特に低脂肪乳は赤ちゃんの免疫力を低下させるといわれており、イギリスでは実際に妊婦さんに注意喚起がされています。

お酒

アルコール

産婦人科でも飲むことを禁じられているのがお酒です。お酒のアルコールは血中に溶けるため、妊娠中に飲めば血液を介して胎児にまで摂取されるのです。お酒による影響では、小頭症などの奇形や成長の遅れなどが現れます。特に妊娠四週までの飲酒はリスクが非常に高いため、普段から飲酒量には注意しましょう。

軟水と硬水どっちが良いの?

ミネラルウォーターには、硬水と軟水の二つの種類があります。
硬水はたくさんのミネラルが含まれているため、一見すると硬水の方が健康によいと思えるでしょう。

しかし、硬水はたくさんのミネラル類によって腸が刺激されるため、下痢や便秘にかかるリスクも高まります。特に妊婦さんですと、硬水はお腹の赤ちゃんにも悪影響を与える可能性があるため、注意が必要となるでしょう。
過剰に摂取したミネラル類は腎臓によって排出されますが、赤ちゃんはこの腎臓の機能も未発達なので、赤ちゃんの体に大きな負担を与えることになります。

これに対して軟水はミネラル類がほとんど含まれていないので、妊娠中でも問題なく飲み続けることができます。味も滑らかで飲みやすいので、誰でも毎日美味しく飲めるというところもオススメできるポイントとなります。

赤ちゃんにキスをする親
Choose the HYDROGEN WATER

水素水で産後太り予防と解消

妊娠中から体重コントロール

赤ちゃんにたくさんの栄養を届けるため、毎日たくさんの食事を摂っている妊婦さんは多いでしょう。しかし、急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群と呼ばれる症状を招くため、注意が必要となります。
妊娠高血圧症候群の原因はまだはっきりとはしていませんが、発症してしまうと血流が悪くなってしまいます。

赤ちゃんはお母さんの血液から酸素や栄養を摂るわけですから、
「胎児発育不全」「胎児発育不全」などの症状を招いてしまうのです。

妊娠中から適切な体重コントロールを行なうことで、赤ちゃんの正常な発育を促すことができるでしょう。

ウエストを計る女性

水素水は妊婦さんのダイエットの味方

体重コントロールに必要なことといえば、食事制限や運動を行なうことが思いつきます。しかし、妊娠中ともなれば、栄養の制限も難しくなりますし、体調によっては運動をすることもままならなくなります。
普段の生活を行いながら、負担なく体重を落としたいとする妊婦さんも多いものです。そんな人にオススメできるのが、水素水です。

体の代謝を低下させる活性酸素を除去し、さらに細胞にあるミトコンドリアと呼ばれる器官も活性化するため、新陳代謝の活性化により高い痩身効果が得られます。毎日の飲料水を水素水に替えるだけの方法なので、妊婦さんでも無理なく体重コントロールができるでしょう。

水を飲む妊婦