Once you have a AKACHAN

あなたはご存知?知っておきたい妊娠初期の母体の変化

妊娠初期の心身の変化

妊娠期間の数え方は普段使用するカレンダーのものとは異なります。
初期は1ヶ月から数えられ、28日が経過して2ヶ月目となるように独特な計算方法を用いるのです。
妊娠1ヶ月目から4ヶ月目までが妊娠初期と呼ばれ、時々現れるつわりや体のだるさ、胸の張りなどの変化があり戸惑う人も多い時期です。

女性ホルモンが乱れる時期でもあるため、精神的に不安定になりがちな時もあります。妊娠5ヶ月目から7ヶ月目までが妊娠中期です。
胎動も始まるので、順調に赤ちゃんが育っているのが実感できます。
つわりも治まり、不安感なども解消されるため、安定期とも呼ばれます。
お腹が徐々に大きくなる時期なので、体に負担を掛けることは避けましょう。

妊娠した女性

妊娠初期に起こりやすい症状

妊娠4週になると、赤ちゃんの姿は超音波検査でわかるようになります。
この時期は、胎のうと呼ばれる袋のなかで一生懸命体を作っている時期です。
敏感な人であれば、赤ちゃんの存在に気づける時期となります。
妊娠初期の症状といえば、月経の遅れが現れることが挙げられます。
また、つわりによって急に起こる吐き気、空腹時の胸焼けなどにも悩まされてしまいます。普段では気づかない、人によっては、身の回りのさまざまなニオイに敏感になることもあるでしょう。

精神的な症状といえば、自分の体に起こる急激な変化による不安感と吐き気や胸焼けによる不快感、さらには理由のないイライラが起こる場合もあります。
これらは女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が上昇することによって引き起こされるとされています。月経予定日に、月経の始まりと同じような出血が現れるのも特徴といえるでしょう。妊娠初期は子宮内膜が充血しやすいため、出血しやすくなってしまいます。そのため、出血が見られたとしても慌てず、産婦人科医へ相談することが必要となるのです。

検診を受けている女性

妊娠Q&A

つわりはどれくらいの時期から始まりますか?
妊娠はしているようですが、それっぽい症状はまだ出ていません。

妊娠四週目から六週目につわりは現れ始めます。

八週目、十一週目がピークとなるので、質問者の方はかなりの初期といえます。
後期までピークが続くことは稀で、長く続くことはないので心配はなさらないで下さい。

妊娠してから、どうもお通じが悪くなっている気がします。
赤ちゃんへの影響が気になるのですが、大丈夫でしょうか?

妊娠中は、便秘の症状はよく現れます。

妊娠中はホルモンの影響と、大きくなった子宮により腸が圧迫されるため、
便秘の症状はよく現れます。便秘自体は大きな問題ではありませんが、
深刻なようでしたら規則正しい食生活と軽い運動習慣を取り入れましょう。

最近、おでこに目立つニキビが出やすくなりました。
これも妊娠による影響なのでしょうか?

肌荒れは妊娠初期にはよく見られる症状です。

生理前にもよく現れるように、女性ホルモンが増加することで肌荒れは起こります。
安定期である妊娠中期には治まるので、安心してください。

Effect obtained in the HYDROGEN WATER

水素水をとることで得られるダブルの効果

便秘や肌荒れなど、妊娠すると美容に関するトラブルも多く現れるようになります。
最近、美容と健康によいとされる飲み物といえば水素水が挙げられますが、
実はこの水素水、お腹の赤ちゃんにも嬉しい効果がたくさんあるのです。

妊婦さんに嬉しい水素水の効果

水素水といえば、水の中にたくさん含まれる水素でアンチエイジングができる、美容効果の高い水です。水素は酸素にくっつきやすい性質があります。体に取り入れることで、美容と健康の敵となる活性酸素にくっついて、無害な水になってくれるのです。
活性酸素は肌荒れの原因ともなるので、水素水によって取り除けば、肌荒れの解消にも役立ちます。体内の活性酸素を減少させれば、新陳代謝も大きくアップします。肌ツヤが良くなることはもちろん、体の各器官が活性化するため、便秘の元となる腸の動きの悪さも改善されるのです。

そして最近では、妊娠中の症状も軽減させることが話題になっています。妊娠によるつわりの症状は、老廃物が体に蓄積することも原因になります。水素水は代謝を活性化させるため、ツライつわりの症状も軽くなるのです。飲むだけで手軽に効果が得られるのも、妊婦さんにオススメできるポイントとなります。

水を飲む妊婦

おなかの赤ちゃんへのメリット

妊娠中は、普段よりもたくさんの水を飲まなければなりません。
お腹の赤ちゃんが摂取する栄養や酸素、水分はすべてお母さんからの血液から得られるものです。
この血液の流れが滞ってしまうと、赤ちゃんへ届く栄養も少なくなってしまうので、問題となります。たくさんの水分を摂取すれば、血の流れもよくなるので、赤ちゃんがスクスク育つための栄養をたくさんあげることができるのです。
そうなると気になるのが、どのような水を飲めばよいのか、といったことでしょう。

最近では、妊娠中に水素水を飲むことで、赤ちゃんにもよい影響を与えられるとされています。水素水の血液サラサラ効果に加え、赤ちゃんの脳障害を防ぐ効果もあるらしいことが研究で明らかになっているのです。
名古屋大学で行なわれた妊娠中のラットを使った動物実験では、血液中の水素がラットの赤ちゃんにまで届き、脳障害を与える酸化ストレスを減少させたことが結果に現れました。これを受けて、産婦人科でも水素水が飲めるサーバーを設置しているところが現在増えているとされています。

妊娠した女性